サイバーエージェントは2017年10月2日、仮想通貨の取引事業に参入すると発表した。同日に全額出資子会社のサイバーエージェントビットコインを設立。2018年春に同社が新たに取引所を開設する計画だという。

 改正資金決済法により、仮想通貨の取引所は金融庁が審査のうえで参入を認める「登録制」に移行したばかり。2017年10月1日からは原則として登録された「交換事業者」だけが営業できるようになり、直前の9月29日に11社が金融庁から登録を受けている。

参考記事:金融庁が仮想通貨の取引所を11社登録、2社が新規参入

 サイバーエージェントは登録制が始まり社会的関心が高まったことを参入の背景に挙げている。登録制により取引所には一定の消費者保護策が求められることになり、一般消費者の関心がより広まるとみたようだ。

 設立したサイバーエージェントビットコインの資本金は1億5000万円で、社長にはAbemaTV副社長として同事業の立ち上げなどに携わった卜部宏樹氏が就任した。

[画像のクリックで拡大表示]
新会社のロゴ
出所:サイバーエージェント