ビッグローブは2017年9月28日、都内で事業方針説明会を開催し、2017年1月31日付でKDDIのグループ会社となった同社の事業方針や、新商品「エンタメSIM」、新CMなどを発表した(写真1)。

写真1●ビッグローブが事業方針説明会を開催(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「BIGLOBEモバイル」としてブランドを刷新

 説明会には、ビッグローブ 代表取締役社長の有泉健氏が登壇(写真2)。自身について、「2000年から16年間、KDDIで法人ソリューション事業を担当してきた。2017年1月31日にビッグローブの社長に就任した。記者説明会への登壇は今回が初めてだ」と紹介した。

写真2●ビッグローブ代表取締役社長の有泉健氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ビッグローブについては、「1986年にはパソコン通信のPC-VAN、1996年にはインターネットサービスのBIGLOBEを開始し、マーケットをけん引してきた。2007年にはMVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入し、そこから10年間、格安SIMのムーブメントを作ってきた」(有泉氏)と説明した。

 こうした通信事業で培った技術は、MVNO事業にも活かされているという。「トラフィック制御技術はMVNO事業でも採用している。限られた帯域でもダイナミックにトラフィックを制御することで、高い品質と低価格を両立してきた」(有泉氏)と語った。

 ビッグローブの契約数については、2016年時点で固定回線が200万契約超、モバイルが40万契約超との数字を挙げた(写真3)。

写真3●固定回線、モバイル回線の契約数
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら