音声合成技術を手掛けるエーアイとTISは2017年9月25日、スマートスピーカー「AISonar(エーアイソナー)」を共同で開発し、同年10月から実証実験を開始すると発表した。

エーアイとTISで共同開発したスマートスピーカー「AISonar」
[画像のクリックで拡大表示]

 AISonarは、音声アシスタント機能やネット接続機能を備えたスピーカー。人工知能(AI)技術を応用しており、ユーザーが発した音声を認識すると、ユーザーの意図をAIで解釈。解釈した内容に合った処理を実行した後、再び音声を合成して回答を返す。多言語でのやり取りが必要な場合は、機械翻訳技術によって日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語などを双方向に翻訳し、音声を合成することも可能だ。

 音声合成には主にエーアイの技術を、また、音声認識や意図解釈、スピーカーのハードウエアには、自然言語処理分野の研究開発を手掛けるフェアリーデバイセズの技術を主に採用して開発したという。

 10月からの実証実験は、TISの取引先などを中心に展開する方針である。具体的には、外国人が多く訪れる店舗や観光案内所、自治体、金融機関といった人手をかけた窓口の業務を想定。自動で顧客に応対する端末としてスマートスピーカーを活用する。実証実験は2018年1月まで実施し、同年春に本格的に製品化したい考えだ。