NECと三井住友海上火災保険など4社は2017年9月22日、企業向けサイバーセキュリティサービスで協業したと発表した。サイバー攻撃が高度化し、リスクの把握や適切な攻撃対策が難しくなるなか、4社連合で顧客を守る考え。

サイバーセキュリティ対策の協業体制
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年10月からサービスを提供する。4社それぞれの強みを生かしていく。NECとNECソリューションイノベータは高度なセキュリティ対策サービスや技術支援を担当する。三井住友海上はサイバーリスクを補償保険を提供し、インターリスク総研はセキュリティ体制の診断や整備、訓練支援といったサービスを提供する。