Bluetoothの普及促進を図る業界団体のBluetooth SIGは2017年9月8日、「Bluetooth mesh」に関するメディア向け説明会を開催した。Bluetooth meshはBluetoothデバイスで多対多の通信を可能にする技術で、Bluetooth LE 4.0以上で動作する。多数のデバイスの相互通信が必要なIoT(インターネット・オブ・シングズ)に向く。Bluetooth SIGは2017年7月18日に仕様を発表済み。

 説明会に登壇したBluetooth SIGでマーケティング バイス・プレジデントを務めるケン・コルドラップ氏はBluetooth meshの特徴として、メッシュ型構成を採ることによる信頼性や、数千ノードを1つのネットワークに収容可能な拡張性、既知の全ての攻撃から防御可能なセキュリティなどを挙げた。

Bluetooth SIGでマーケティング バイス・プレジデントを務めるケン・コルドラップ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 コルドラップ氏はBluetooth meshは仕様策定中に複数ベンダーによる相互運用性のテストを実施済みで、既に同仕様をテストしたり認証したりするためのツールの提供が始まっていると説明。Bluetooth meshが導入されそうな分野として、ビルオートメーション、工場などの無線センサーネットワーク、資産追跡の3つを挙げた。

 次いで説明に立った、位置情報サービスなどを手掛けるWHEREの丸田一代表取締役はメッシュ型ネットワーク機能を持つビーコンを用いた「EXBeaconプラットフォーム」の導入事例を解説。同製品は現在、Bluetooth meshの元となった米クアルコムの技術である「CSRmesh」を使うビーコン機器を使っており、今後Bluetooth meshに対応予定とした。「モノや人の所在管理」「センサーネットワーク」「ビルオートメーション」などの事例があるという。

WHEREの丸田一代表取締役
[画像のクリックで拡大表示]

 説明会の最後には、Bluetooth SIGのボードメンバーである東芝デバイス&ストレージの足立克己ミックスドシグナルIC応用技術部ワイヤレスIC応用技術担当 参事がBluetoothの技術トレンドの変遷を解説した。「IoTのセンサーのコントロールのフォーマットをBluetoothから統一していきたい。おそらく物理レイヤーに依存しない、アプリケーションレイヤー(において)の話になる」と話し、今後こうした考えに賛同する企業を募っていきたいとした。

東芝デバイス&ストレージの足立克己ミックスドシグナルIC応用技術部ワイヤレスIC応用技術担当参事
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら