東日本旅客鉄道(JR東日本)は2017年8月25日の午後0時24分から午後5時ごろまで、一部のネットサービスが利用しにくくなるシステム障害が発生していたと明らかにした。同社はKDDIの企業向けネット接続サービスを利用。KDDIで発生した全国的なネット接続障害が原因だと見ている。

チャージ処理が中断されたモバイルSuicaの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 JR東日本広報部の説明によれば、午後0時24分ごろからネット予約サイト「えきねっと」を閲覧しにくい状態になり、新規予約などの処理もしにくくなったという。予約済みの切符は通常通り、駅で受け取れた。

 携帯電話やスマートフォンでSuicaを使える「モバイルSuica」でも、チャージ(入金)処理がしにくく、Suicaグリーン券の購入もしにくい症状が出た。

 いずれも正常に処理できる場合もあり、障害の発生頻度や影響人数などは調査中という。障害は午後5時ごろまでには解消し、全機能が正常に動作するようになった。