Preferred Networks(PFN)は2017年8月4日、トヨタ自動車から約105億円の第三者割当増資を受けることで合意したと発表した。両社は自動運転などに人工知能(AI)を適用する研究開発を加速する。トヨタは今回の出資により、PFNの外部筆頭株主になる。

トヨタからの資金調達を公表するPreferred NetworksのWebサイト
(出所:Preferred Networks)
[画像のクリックで拡大表示]

 PFNはトヨタと共同で、機械学習や深層学習(ディープラーニング)などのAI技術を、物体の認識や車両情報の解析といった用途に活用していた。資金調達によりPFNは今後、コンピュータ資源の充実やさらなる人材確保を進める。

 PFNは2014年10月からトヨタとAI技術の共同開発を開始し、2015年12月にはトヨタから10億円を調達していた。