マイステイズ・ホテル・マネジメント(マイステイズ)とソフトバンクロボティクスは2017年7月28日、人間型ロボット「Pepper(ペッパー)」を2017年8月下旬からマイステイズのホテルに正式に導入することを発表した。日本語、英語、中国語の3言語に対応し、ホテルでの接客に使う。

 Pepperとマイステイズのコールセンターが連携することで、顧客とやり取りする。「ロボットによる多言語対応のサービスの導入は、国内のホテル業界で初」(ソフトバンクロボティクスの吉田健一事業推進本部本部長)。

顧客と英語で会話し観光案内するPepperのデモ。コールセンターのオペレータと連携している
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的なサービスは主に二つ。観光案内など顧客の質問に多言語対応で答える「リモートコンシェルジュ」と、クーポンのもらえるマイステイズのメールニュース会員への登録の案内だ。リモートコンシェルジュは客がPepperに話しかけると音声が遠隔地にいるオペレータに伝わる。オペレータは会話の内容に応じたコマンドを手元の画面で選ぶと、対応する回答をPepperが音声で答える。

 同日、マイステイズとソフトバンクロボティクスはPepperの「リモートコンシェルジュ」サービスのデモを披露した。客が英語や中国語で話しかけると、オペレータが選んだお薦めの観光場所といった回答をPepperが音声で提案する。関連するWebサイトにアクセスできるQRコードなども表示する。

デモでは音声で応えるほか画面でも写真や文章、QRコードなどを表示。日本語、英語、中国語に対応
[画像のクリックで拡大表示]

 今回マイステイズがPepperの導入を決めたホテルは、ホテルマイステイズプレミア赤坂とホテルマイステイズプレミア浜松町、ホテルマイステイズ五反田駅前の3カ所。うち多言語対応が可能な「リモートコンシェルジュ」機能を備えているPepperを導入するのはホテルマイステイズプレミア赤坂とホテルマイステイズプレミア浜松町だ。全国77棟のホテルにも順次導入していく。