トーンモバイルは2017年7月25日、都内で新製品発表会を開催し、スマートフォンの新製品や女性誌「VERY」と共同開発したサービスについて発表した(写真1)。

写真1●トーンモバイルが新端末を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新端末「TONE m17」は富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォン。小学生以下の子供を対象とした「夜10時から朝6時までロックする」新機能などを搭載し、8月1日に3万4800円(税別)で発売する。

 発表会には同社の石田宏樹社長が登壇した(写真2)。「囲碁や自動翻訳の分野ではコンピューターが人間を上回る勢いで進化しているが、同時にインターネットには危険性も多い。すべての人に安心品質を提供していきたい」と語った。

写真2●トーンモバイルの石田宏樹社長
[画像のクリックで拡大表示]

 MVNO市場については、「1年で400社が増えており、レッドオーシャンと化している。イノベーションでコスト削減と付加価値向上を実現し、パイを奪い合うのではなく市場を広げたい」(石田氏)と語った。CCCの増田宗昭社長と立案した戦略では「長期的にはiPhoneに代わる存在を目指していく」とした。

 他のMVNOとの違いとして、料金プランが「月額1000円」の一つのみで、サポートもすべて無料で受けられることを強調した。同社に対する顧客満足度については「購入した人の86%がおすすめしたいと答えている。実際には契約者の2割は紹介によるものだ」(石田氏)との数字を挙げた。

 動画再生やGoogle Playからのダウンロードは1GBあたり300円のチケット制としているが、「将来的にはTSUTAYAの動画であればパケット料金無料で見られるようにしたい」(石田氏)との構想も明らかにした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら