米AMDは2017年6月29日(米国時間)、企業PC向けCPUとしてラインアップを予告していた「Ryzen Pro」の詳細を公開した。

 同社がこれまで「AMD PRO」として提供してきたCPUは、消費者向けCPUにビジネス向けのサポート(PROサポート)を追加した製品だった。Ryzen Proは、PROサポートの追加だけでなく、Ryzenでは無効化しているセキュリティ関連機能を有効にして差異化を図っている。

 ラインアップは、Ryzen 7 Pro、同5 Pro、同3 Proでそれぞれ2モデル。消費者向けのRyzenとは仕様が異なるモデルも含まれている。いずれも、PROサポートが適用される。PROサポートの内容は、消費者向けCPUより厳密な品質管理、36カ月間の製品保証、24カ月間の供給期間、業界団体DMTF(Distributed Management Task Force)が提供するシステム管理ツール「DASH」への対応などだ。

ラインアップ一覧。Ryzen 7 Pro 1700Xは、消費者向けのRyzen 7 1700Xとは動作周波数が異なる。また、一般消費者向けはRyzen 5 1500が存在しない。Ryzen 3は今回が仕様の初公開。消費者向けは未発売。
(出所:米AMD、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
Ryzen Proの主な仕様
名称コア/スレッド動作周波数
(最大)
3次
キャッシュ
TDP
Ryzen 7 Pro 1700X8/163.5GHz(3.7GHz)16MB95W
Ryzen 7 Pro 17008/163.0GHz(3.7GHz)16MB65W
Ryzen 5 Pro 16006/123.2GHz(3.6GHz)16MB65W
Ryzen 5 Pro 15004/83.5GHz(3.7GHz)16MB65W
Ryzen 3 Pro 13004/43.5GHz(3.7GHz)8MB65W
Ryzen 3 Pro 12004/43.1GHz(3.4GHz)8MB65W
Ryzen Proの出荷に合わせて、「AM4」と呼ぶプラットフォームは今後4年間継続して利用できることを明言した。
[画像のクリックで拡大表示]

 Ryzen Proで有効にしたセキュリティ機能をAMDは「Secure Technology」と呼ぶ。メモリーへのデータ書き込みをAES-128で暗号化する、不正なブートイメージでは起動できなくする、アプリケーション実行時にセキュアな処理をハードウエア的に行う仕組みなどの機能が含まれる。Ryzen Proは従来のAMD製CPUと同様に、セキュリティ処理用に英アーム(ARM)の「Cortex-A5」ベースのコアを内蔵しており、「Trust Zone」と呼ばれるセキュアな実行環境が使えるようになっている。

AMDが示したRyzen Proのセキュリティ機能。メモリーの暗号化は、仮想マシンごとに異なる暗号化キーを利用するため、ある仮想マシンが利用しているメモリー領域をほかの仮想マシンが参照しても読み出せない。
[画像のクリックで拡大表示]

 米AMDは、競合となる米インテルのCore i7、同i5、同i3との性能比較も開示した。ほとんどのベンチマークテストでRyzen Proが有利だとしている。AMDは、Ryzen Proの出荷時期や価格は明らかにしていない。同社は8月29日(米国時間)に、Ryzen Proについて追加の情報を公開するとしており、そのタイミングで出荷時期や価格を公開するとみられる。

Core i7-7700とRyzen 7 Pro 1700の比較
[画像のクリックで拡大表示]
Core i5-7500とRyzen 5 Pro 1600の比較
[画像のクリックで拡大表示]
Core i5-7500とRyzen 5 Pro 1500の比較
[画像のクリックで拡大表示]
Core i3-7100とRyzen 3 Pro 1300の比較
[画像のクリックで拡大表示]