レノボ・ジャパンは2017年5月30日、法人向けデスクトップパソコンの新ブランド「Lenovo V」シリーズを発表した。第1弾として、19.5型オールインワン「Lenovo V310z All-In-One」を同日から販売開始した。直販価格(税別)は11万円から。

Lenovo V310z All-In-One
(出所:レノボ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Lenovoブランド初の法人向けオールインワンパソコンで、19.5型HD+(1600×900ドット)液晶ディスプレイとCore i3/i5プロセッサーを搭載する。また、USBコネクターなどを鍵付きカバーで保護して管理者以外のアクセスを防止する「インターフェース・セキュリティー・カバー」を備えた。

 このほかにも、運搬時に適したキャリングハンドルや、ディスプレイに設置されているカメラロック機能などを備えた。OSはWindows 10 Home/Pro、Windows 7 Professional。本体寸法は幅494.2×奥行き227.5×高さ404mm、重さは約6.87kg(最大構成時)。

 同社は今後、Lenovoブランドの法人向けデスクトップ製品をLenovo Vシリーズに集約していく予定。

製品情報
レノボ・ジャパンのWebサイト