サムスン電子ジャパンは2017年5月25日、原宿にオープンするGalaxyシリーズの体験型施設「Galaxy Studio Tokyo」を報道関係者向けに先行公開した(写真1)。

写真1●Galaxy Studio Tokyo(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Galaxy Studio Tokyoは、これまで同社が「Galaxy Studio」として東京、大阪、横浜などで開催してきた体験型展示の大型版で、GalaxyシリーズのスマートフォンやVRを利用したアトラクションを楽しめる。

 オープン期間は5月26日から7月3日まで、場所はギャラリースペースの「原宿 BANK GALLERY」(東京都渋谷区神宮前)で11時から20時まで営業する。入場やアトラクションの体験は無料。

 製品展示エリアにはNTTドコモとKDDIが発表した2017年夏モデル「Galaxy S8」「Galaxy S8+」や、ドコモ限定モデルの「Galaxy Feel」が並んだ(写真2)。

写真2●Galaxy Feel
[画像のクリックで拡大表示]

 VRヘッドセット「Gear VR with Controller」、360度カメラ「Gear 360」の新モデルなど、最新製品を展示。GalaxyシリーズのスマホとGear 360を接続し、360度撮影を試すこともできる(写真3)。

写真3●「Gear VR with Controller」と新「Gear 360」
[画像のクリックで拡大表示]

 各階では様々なアトラクションを楽しめる。「Galaxyフィットネス」のコーナーでは、スマートウオッチの「Gear S3」を腕に装着し、スクリーンの前に立って腕を動かすことによりテニスやスイミングを仮想的に体験できる(写真4)。

写真4●Galaxyフィットネス
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら