アイ・オー・データ機器は2017年5月17日、ホワイトボードに取り付けると、プロジェクターで投影した画面をタッチ操作できる取り付け型タッチ化ユニット「てれたっち(DA-TOUCH-P)」を6月下旬に出荷開始すると発表した。希望小売価格(税別)は9万2000円。

てれたっち(DA-TOUCH-P)
(出所:アイ・オー・データ機器)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホワイトボードや壁面の上部に取り付けて電子ホワイトボード化する光学式センサーユニットで、専用ペンによる2点マルチタッチに対応する。ホワイトボードの大きさに合わせて横幅を調整し、マグネットで簡単に取り付けできる。横幅930~1780mm(42~80型に相当)に対応する。

 パソコンとUSB接続して添付ソフトをインストールし、画面の手順に従って画面を専用ペンでタッチするだけでセットアップが完了する。パスパワーに対応し、専用電源は不要。本体寸法は幅1093~1943×奥行き39×高さ57mm、重さは約980g。

 同時に、電子白板アプリ「白板ソフトプロforてれたっち」添付モデル「DA-TOUCH-P/WB」を販売する。表示した資料の上に手書きで文字などを自由に書き込み、その内容をJPEG/BMP/アニメGIF/EXE/WMV/PNG形式で保存、メール添付、印刷できる。希望小売価格は9万8000円。

製品情報
アイ・オー・データ機器のWebサイト