開発支援ツールなどを手掛けるグレープシティは2017年4月27日、Webアプリケーション構築ソフトの最新版「Forguncy 3」を発表した。Excelに近い機能と操作性を備えたWebアプリケーションを、プログラミング不要で構築できる。

 Webアプリケーションを開発する際は、「Forguncy Builder」と呼ぶソフトを使う。このソフトはExcelと同様の操作で、画面イメージや扱うデータなどを指定してWebアプリケーションを作成できる。

 それをWebアプリケーションとして動かすのが、「Forguncy Server」。Webサーバーとして動作し、独自のデータベースを内蔵する。

Excelでの見え方がそのままWeb上でも再現される
(出所:グレープシティ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ExcelライクなWebアプリケーションを構築するツールはほかにもあるが、開発ツールとしてExcelを使う必要があるものがほとんど。Forguncyの場合は、Excelライクな専用ツールであり、開発しやすいという。

 また、Excelファイルを取り込んでWebアプリケーション化したり、Excelファイル内のデータをデータベースに格納する機能もある。データは、Excelファイルへの書き戻しも可能で、外部の会社にExcel形式でデータを渡すようなケースに役立つ。

 Forguncy 3では、以前のバージョンに50あまりの新機能を加えた。具体的には、PDF形式の帳票の出力、Excelデータの一括取り込み、モバイル対応などだ。

 帳票のPDFファイルには、複数件のデータをまとめて出力できる。PDFファイルとして出力することでデータの改変を防ぎたいという需要が高まったことから、今回新機能として追加したという。Excelデータの一括取り込みでは、「支店の1カ月の売り上げデータを一括で取り込む」などといった操作が可能となる。

 新版では、ライセンス体系を変更。Forguncy BuilderとForguncy Serverのライセンスを個別に購入できるようにした。「Forguncyを使ってパッケージアプリを作成し、他社に販売したいという要望が増えてきたため」(グレープシティ)という。

 評価版は4月27日からダウンロード可能で、発売日は5月29日。税別価格は、外部データベース連携に対応するForguncy Server(Stndard、初年度保守付き)の基本サーバーライセンスが24万1000円、Forguncy Builder(Basic、初年度保守付き)の開発ライセンスが9万2500円。