セキュリティベンダー米NSFOCUSの日本法人であるNSFOCUSジャパンは2017年3月28日、世界のセキュリティ脅威情報を提供するクラウドサービス「NSFOCUS グローバル・スレットインテリジェンス」の提供を始めると発表した。NSFOCUSジャパンと販売、技術支援、共同開発などで業務提携を結んだ日本テクノ・ラボが、企業および企業のシステム運用などを請け負う事業者向けに販売する。販売開始は4月1日で、料金は未定。

「NSFOCUS グローバル・スレットインテリジェンス」発表会の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス用のポータルサイトで、調査やデータ収集、クラウドでのデータ分析を基にした様々な脅威と攻撃者に関する詳細な知見を公開する。ブログや緊急アラート、定期発行のレポートなどを通じて、深刻な脆弱性の分析やリアルタイムの脅威動向などの情報を提供する。ポータルサイトからマルウエアの検体を送り、分析を依頼することも可能だ。

 オプションで「アクショナブル・データ・フィード」を提供する。NSFOCUSのDDoS対策装置やWAF装置に、API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を介して設定情報を送るサービスである。設定情報には、攻撃への関与の恐れがあるIPアドレスのリスト、悪意あるWebサイトのドメインのリスト、ボットネットの指令サーバーのIPアドレス情報、マルウエアのハッシュ値などが含まれる。カスタマイズにより、サードパーティ製セキュリティ装置に設定情報を送ることも可能だ。

 サービスを販売する日本テクノ・ラボの松村 泳成代表取締役社長は、NSFOCUSについて「攻撃に対する全般的な情報収集を実施して、先回りした防御を実現しようとしている」と同社を評価した。「販売だけではなくセキュリティコンサルティングも手掛けていきたい。当社の役割は顧客との接点を作って話を聞き、Webサイトの診断などをして対処方法を探すことだ。その対処方法にはNSFOCUSの商品も含まれる」と抱負を述べた。