JR東日本ウォータービジネスは2017年3月14日、同社が展開する「エキナカ自販機・acure(アキュ)」の新ラインナップとなる「イノベーション自販機」の記者説明会を開催。第一号機を東京駅丸の内地下1階コンコースのびゅうスクエアに設置すると発表した。イノベーション自販機は、スマートフォンアプリ「acure pass(アキュア・パス)」と連動することで、アプリで飲料を事前購入しておくことや「まとめ買い」「定期購入」などができる。同社では2017年5月までに首都圏主要駅に約20台の設置を予定している。

イノベーション自販機とタレントの藤本美貴さん
(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

スマホQRコードで繋がる、まとめ買いもできるイノベーション自販機

 JR東日本ウォータービジネスの鈴木浩之社長がイノベーション自販機を開発の経緯を説明した。同社はJR東日本の駅構内を中心に約1万台の自販機を投入し、「自販機とサービスを進化させることでお客様の要望に応えてきた」(鈴木社長)という。

 一方で「ここ数年、業界全体の伸び悩みが顕在化しており、自販機ビジネスを力強い軌道にするための模索を行ってきた」(鈴木社長)と振り返った。そこで、多様化をキーワードに「自販機らしくない売り方のできる自販機」にチャレンジし、イノベーション自販機を開発した。

 スマートフォンアプリ「acure pass」と連動することによって、「スマホによる事前決済、まとめ買い、定期購入、月末後払い、ギフトの受け取りなど、今までにない利用方法を提案できる」(鈴木社長)。テストマーケティングとして首都圏に約20台を設置し、実験の場とする。1年かけて利用状況と評価を集計し、更なるサービスへの展開に結び付けたい意向で、「今日がゴールではなく、これからの自販機提供の通過点」(鈴木氏)と述べた。自販機による新たな顧客体験価値の提供を目指す。

JR東日本ウォータービジネスの鈴木浩之代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら