富士通は2017年2月28日、ICT(情報通信技術)を活用してグローバルでの競争力やワーク・ライフ・バランスの向上を狙う「働き方改革」に全社で取り組むことを発表した。コミュニケーションツールや人工知能(AI)などを業務に積極的に導入し、社員3万5000人を対象に、仕事の生産性を高める。在宅勤務や長時間労働の削減といった自由な働き方の実現を図る。2017年4月21日から改革を実施していく。

 今回の働き方改革で富士通が導入を図るのが、「テレワーク勤務」。場所に捉われることなく仕事ができるように、ノートPCやコミュニケーションツールなどを活用する。具体的には、仮想デスクトップを利用。端末内にデータを保存しないシンクライアント型の端末と、同社のICTインフラをベースとする。

ICT(情報通信技術)を活用した働き方改革の内容
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通の林博司 執行役員 人事本部長は会見の中で、同社の田中達也 社長の言葉を借りる形で、「日本を代表するICT企業として、社会的な課題である働き方改革をいかにICTを活用して実践するかが、富士通の責務だ」と、取り組みの意義を強調した。

富士通の林博司 執行役員 人事本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 改革としては今回の取り組みが初めてではなく、同社は2010年から段階的にグローバルでのICT基盤を構築・拡大し、WEB会議の普及や社内コミュニティの充実などを図ってきたという。2015年度には一部の部署で実験的にテレワーク勤務を取り入れ、働き方の改善を進めてきた。今回、改革を進める土壌が整ったことからサービスを全社に拡大する。

 業務効率を高める方法としては、勤務状況を見える化するマネジメントサポートツールを導入する。具体的には、同グループが開発する時間管理ツールである「FUJITSU Software IDリンク・マネージャーⅡ」などを活用して、PCログで作業時間を見える化したり、設定した業務時間内に仕事が終わらなければアラートを表示したりする。時間管理の意識を徹底することが目的だ。

時間管理ツール「FUJITSU Software IDリンク・マネージャーⅡ」の詳細
[画像のクリックで拡大表示]

 林氏は、FUJITSU Software IDリンク・マネージャーを活用したあるグループ企業では、「残業時間の2割を削減できた」とし、今回の働き方改革ではそれ以上の効果を期待するという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら