京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2017年2月27日、IoT向けのネットワークを提供する「SIGFOX」(シグフォックス)のサービスを同日に開始すると発表した。

 SIGFOXは、低消費電力と長距離伝送が特徴のネットワーク技術であるLPWA(Low Power, Wide Area)の一種で、仏シグフォックスの技術である。SIGFOXのネットワークは欧米を中心に31カ国で展開されており、日本ではKCCSが仏シグフォックスのパートナーとして独占展開する。

SIGFOXサービスの概要
(出所:KCCS)
[画像のクリックで拡大表示]

 KCCSは2月27日から東京都内でサービス提供を開始。その後のサービスエリア拡大については、3月末までに東京23区/川崎市/横浜市/大阪市、2018年3月末までに政令指定都市を含む主要36都市、2020年3月末までに全国に拡大するとしている。

 SIGFOXのサービスは、KCCSのパートナーを通じて提供する。コストの目安として、KCCSからパートナーへの卸値は、契約デバイス数や通信回数に応じた価格設定となっており、最安のケースで1デバイスあたり年額100円を切る価格としている。

 またKCCSは、パートナーによるSIGFOXを利用したサービス提供事例も発表した。オプテックスが都内で管理・運営されているコインパーキング向け車両検知システムで、アイ・サイナップが宅配ピザ(ストロベリーコーンズが運営する宅配ピザ「ナポリの窯)の冷蔵庫、冷凍庫および作業空間の温度監視で、SIGFOXを利用する。また、旭光電機がSIGFOXを使った飲食店内の厨房機器の状態監視を実験中だという。

 KCCSは昨年11月に、SIGFOXサービスの国内提供と料金の一例を発表していた。