フランスのモバイル端末ベンチャー「Wiko」(ウイコウ)の日本法人は2017年2月14日、都内で日本市場への参入について発表会を開催した(写真1)。

写真1●「Wiko」が日本に上陸
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本市場向けの最初の製品として、5インチのスマートフォン「Tommy」を2017年2月25日に1万4800円(税別)で発売する。

フランスで2位のスマホブランドが日本上陸

 発表会には、Wiko Japan代表取締役の前田浩史氏が登壇した。Wikoについて、「スマートフォンの本格的な普及が始まった2011年にフランス・マルセイユで創業した。北欧の巨人が加速度的に失速し始めた時期でもある。来たるべきスマホ時代における変革者を目指し、自らをゲームチャンジャーと位置付けてきた」と説明した(写真2)。

写真2●Wiko Japan代表取締役の前田浩史氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Wikoというブランドの由来については、「フランス語でイエスを意味する『ウィ』と、『コミュニティ』を組み合わせた造語。フランスならではのデザイン、色合い、大胆さ、フレンチスピリッツ、チャレンジャーなどを含むブランドだ」(前田氏)とした。

 フランスでのWikoの市場シェアは2位で、西欧諸国でもトップ5に位置しているという。「西欧から東欧、中東へと展開し、2014年からはマレーシアを皮切りにアジアに進出。現在では世界34カ国に展開する。2016年に累計販売台数が1000万台を突破した」(前田氏)という(写真3)。

写真3●フランスから世界34カ国に展開
[画像のクリックで拡大表示]

 日本上陸にあたっては、「日本という特殊なマーケットを十分に考慮した上で進出した。日本には最新のアプリや技術がある。ネットワークでは5Gのトライアルも始まるなど、単にマーケットバリューだけでなく、多くのことが学べるラーニングバリューもある」(前田氏)。

 製品展開としては、「iPhoneなどハイエンド端末の人気が高く、2020年に向けて二極化が進むのではないか。若い世代はLINEなどのSNSを上手に駆使している。そこでエンターテインメントガジェットとして『Tommy』を最初に投入する」(前田氏)と説明した(写真4、5)。

写真4●エンターテインメントガジェットと位置付ける「Tommy」を発売
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●Tommy本体
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら