華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2018年2月7日、SIMロックフリースマートフォンの新モデル「HUAWEI nova lite 2」を発表した(写真1)。価格は25980円(税別)で、国内10社のMVNOから発売予定となっている。

写真1●HUAWEI nova lite 2(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 前モデルの「nova lite」は、ファーウェイ製スマートフォンの中でも特にコストパフォーマンスに優れたモデルとして、MVNOの取り扱いが続々と拡大するヒット商品となった。果たしてその後継モデルはどのように進化したのだろうか。

2万円台のスマホながら3万円台の機能を搭載

 nova lite 2のファーストインプレッションとして、低価格スマートフォンとは思えない質感の高さが挙げられる。前モデルの「nova lite」も価格以上の質感ではあったものの、外装には樹脂パーツを使用していた。

 これに対してnova lite 2では金属ボディを採用しており、ファーウェイの3万円台のモデルと比べても見劣りしない印象だ(写真2、3)。本体カラーは写真のブルー色のほかに、ゴールド、ブラックの計3色を展開する。

写真2●nova lite 2の背面
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●金属ボディで2万円台とは思えない質感を実現
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら