2017年1月18日に開催された「Draper Nexus B2B Summit in Tokyo 2017」には、5社のBtoBベンチャー企業が投資家らを前にピッチを行い、それぞれのビジネスモデルや実績をアピールした(写真1)。

写真1●スタートアップ・ピッチの様子
撮影:寺尾 豊
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のピッチの登壇者は、サイカ代表取締役の平尾義昭氏、ナーブ代表取締役多田英起氏、ブイキューブロボティクス・ジャパン代表取締役社長の出村太晋氏、フローディア 販売推進グループ ゼネラルマネージャの宮部周作氏、モビンギ代表取締役社長のWayland Zhang氏の5氏(写真2)。公募から選ばれた企業である。

写真2●左から、サイカの平尾氏、ナーブの多田氏、ブイキューブロボティクス・ジャパンの出村氏、フローディアの宮部氏、モビンギのZhang氏
撮影:寺尾 豊
[画像のクリックで拡大表示]

 サイカは、ネットメディアだけでなく、テレビ広告やラジオ、雑誌などのオフラインメディアの広告効果を可視化・分析するためのツール「マゼラン」を提供する。

 ナーブは、リアルとバーチャルをつなぐVR(仮想現実)プラットフォーム「NUR*VE(ナーブ)」を提供する。同プラットフォームを活用したサービスとして、不動産事業者向けのバーチャル内見システムなどの開発実績がある。

 ブイキューブロボティクス・ジャパンは、映像とドローンを組み合わせたソリューション事業を展開している。自治体の災害対策、社会インフラや工場などの保守点検への用途を見込んでいる。

 フローディアは、メモリー製造に必要な工程・回路設計を、IP(回路ブロック)としてライセンス提供するビジネスを展開している。顧客の要求に応じて最適なメモリーの開発を実現できるとする。

 モビンギは、クラウド上のWeb/モバイル・アプリケーションのライフサイクルを自動化するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を提供する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら