経済産業省は2017年1月19日、政府が保有する法人活動情報について法人番号や法人名による一括検索や閲覧のほか、外部からデータを活用できる「法人インフォメーション(法人インフォ)」の運用を開始した(図1)。

図1●「法人インフォメーション(法人インフォ)」のトップ画面
出所:経済産業省
[画像のクリックで拡大表示]

 法人インフォでは、国税庁が約400万の企業などの法人に指定した13桁の法人番号を基に、営業品目などや、全省庁が保有する補助金交付や委託契約、行政処分、許認可・届出、表彰、調達情報など約29万件の法人活動情報の提供を始めた。基本的に全省庁が保有する法人情報を網羅し、随時追加する。

 法人インフォのデータは、誰でも自由に取引先の情報収集などのために活用できる。機械可読に適した形式でデータの自動取得も可能で、外部の民間サービスなどと組み合わせた二次利用もできる。法人登記の内容に変更があった場合は、1週間後をめどにサイトの情報も更新される。

 トップ画面では、法人番号や法人名で条件を設定して検索できる。また簡易地図検索では、都道府県や市区町村から選択して法人登記上の所在地で検索できる(図2)。

図2●簡易地図検索
出所:経済産業省
[画像のクリックで拡大表示]

 全データがCSVファイル形式でダウンロードできるほか、企業が自社を紹介するために法人番号で直接リンクを貼ることも可能だ。さらに法人プロフィールの画面下部にSPARQLクエリによる検索やファイルダウンロード、検索API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)も提供する。