米アップルのiOSやMacなどで使用するプログラミング言語「Swift」開発者であるクリス・ラットナー氏は2017年1月10日(米国時間)、同年1月末にアップルを退社し、米テスラモーターズに転職することを明らかにした。ラットナー氏は2005年からアップルに勤務し、開発ツール部門のシニアディレクターとしてSwiftや統合開発環境(IDE)であるXcodeなどの開発を手掛けてきた。転職先のテスラでは、自動運転車のソフトウエア開発に取り組むという。

 ラットナー氏は、1月10日付けのメーリングリストでアップルを退社することを発表していた。その中で、退社の理由を「別の分野で機会を追求するため」としている。アップルに入社する以前は、コンパイラ基盤「LLVM」プロジェクトの開発を率いていた。ラットナー氏の後任にはテッド・クレメネック氏が就き、Swift関連の開発を継続するとした。

 米テスラモーターズは、1月10日にラットナー氏が自動運転(オートパイロット)ソフトウエア部門の副社長に就任すると発表した。これまでテスラでは、ジンナー・ホセイン氏が自動運転ソフトウエア部門の副社長と、米スペースXのロケット関連開発を兼任していた。ラットナー氏の就任を受けて、ホセイン氏は、スペースXの事業に専任となった。

米テスラモーターズは、クリス・ラットナー氏が米アップルからテスラへ移籍することを発表した。
[画像のクリックで拡大表示]