シュナイダーエレクトリックは2016年12月8日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)に対応した新たなエネルギーマネジメントアーキテクチャである次世代「EcoStruxure」の説明会を行った。会場ではシュナイダーエレクトリックの日本統括代表 シャムス・ゼン氏、マーケティング本部長 永坂 良太氏、ストラテジー&ビジネスディベロップメント ディレクター 吉田 稔氏の三名が登壇。同社の日本市場における事業展開の方向性とIoTに対応した次世代EcoStruxureの優位性について語った。

企業のエネルギー効率化にはIoTが重要

 エネルギーマネジメントソリューションを提供するシュナイダーエレクトリックは、1962年に日本での事業を開始した。説明会の冒頭、ゼン氏は、これまでの日本市場での同社の取り組みついて触れながら、「2050年にはエネルギー消費量は現在よりもさらに50%増加し、電力消費量は2倍となる」と指摘。続けて、「CO2対策など環境保全を行っていくためには、現在よりも3倍効率的なエネルギーマネジメントが求められている」と述べた。

 このような課題に備え、企業がエネルギー運用の効率化を図っていく上で、機器の制御や自動化、最適化を実現するためのIoTプラットフォームの導入が重要視されている。ゼン氏は、「シュナイダーエレクトリックにとってIoT事業は、将来のためのものではなく、現在のビジネスの現実的なテーマ」として、「すでに当社の全売り上げの45%はIoT関連によってもたらされている」と重要性を強調した。

シュナイダーエレクトリック 日本統括代表のシャムス・ゼン氏
(撮影:大類 大吾、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ゼン氏は日本市場について、「日本の産業分野におけるGDPは世界第3位。エネルギー消費量は世界5位と市場規模が大きい」と述べ、事業展開における日本市場が占めるポジションの大きさを説明。さらに、「日本では極めて高い品質水準が求められるので、日本市場で企画やプロセスを確立することは、グローバルな展開をする際に大きな利点となる」(ゼン氏)と語った。

 同社は既に東芝や富士通などの企業とパートナーシップを結んでおり、2013年には東京電力と提携、産業向けデマンドレスポンスを展開している。ゼン氏は「これらの技術力に優れた企業とパートナーシップを築いていくことで、持続的な発展を続けていきたい」と語り、日本における同社の事業の方向性を示した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら