東プレは2016年11月24日、PC用キーボードの新製品「REALFORCE RGB」を12月9日に発売すると発表した。PCゲーム市場向けの製品で、キー入力が有効になる深さを3段階から選べるほか、キーごとに色を設定して光らせられる。価格は2万8800円(税別)。また、同社として初めてPCゲームのプレーヤーチームとスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

PCゲーム向けの新製品「REALFORCE RGB」
[画像のクリックで拡大表示]
LEDを仕込んでありキーごとに発光色を変えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 「REALFORCE」シリーズは、PC向けキーボードの定番製品の一つ。「静電容量無接点方式」と呼ばれるスイッチを採用しており、耐久性の高さやキータッチの良さを売りにしている。日本語配列や英語配列、テンキーの有無などで様々なバリエーションがある。

 REALFORCE RGBは、104キーと呼ばれる英語配列に音量調整などの4個の特殊キーを加えた108キーレイアウトを採用。キーの列ごとに段差がある「ステップスカルプチャー」、複数キーの同時入力に対応した「Nキーロールオーバー」など従来のREALFORCEシリーズの特徴はそのままに、PCゲームプレーヤー向けの機能を実装した。

 特徴の一つは「APC(アクチュエーション・ポイント・チェンジャー)」機能。全体で4mmあるキーストロークの中で、キーごとに入力が有効になる押下距離を1.5mm、2.2mm、3mmと3段階で切り替えられるようにした。浅く設定して素早い入力ができるようにしたり、深く設定して誤操作を防止したりできる。さらに別売の「キースペーサー」(2mm厚または3mm厚、2500円、税別)をキーキャップの下にはめ込んで、キーストローク自体を短くすることも可能だ。

入力検知の「深さ」を調整可能
[画像のクリックで拡大表示]

 また、各キースイッチにLEDを埋め込んであり、それぞれ1680万色の中から色や色の切り替えタイミングを設定できるようにした。APCや配色は専用のユーティリティーソフトで設定し、キーボード本体にその設定を保存する。設定は、ソフトやホットキーで切り替えられる。キーボードを使い込んで文字がかすれたりするのを防ぐために、キートップはキャップと文字を異なる素材にして組み合わせる2色成形にした。

ゲーム向けキーボードではニーズの高い、発光機能
[画像のクリックで拡大表示]
キートップは2色成形
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら