楽天、自律制御システム研究所、NTTドコモは2016年11月22日、ドローンによる配送システムの実証実験のデモンストレーションを実施した。舞台は国家戦略特区である千葉市。人口集中地域などにおけるドローンの飛行を禁じる航空法の規制が緩和されている。同市内の稲毛海浜公園において、LTEネットワークで遠隔制御したドローンを使って、通信販売の荷物を配達する実証実験を行った。

 今回の実験は次のようなシナリオで実施した。

 稲毛海浜公園内にある稲毛海浜公園プールにいる熊谷俊人・千葉市長が、楽天のスマートフォンアプリケーションを使ってモバイルバッテリーと書籍を注文する。注文を受けた楽天は東京都世田谷区にある本社からLTEネットワークを経由してドローンに離陸、配達を指示。荷物を積んだドローンが稲毛海浜公園の砂浜から飛び立ち、高さ20mで海上を飛行して、熊谷市長の待つ稲毛海浜公園プールに向かう。到着して荷物を降ろしたドローンは、再び稲毛海浜公園の砂浜に戻る。

 次ページでは画像を使ってデモの様子を紹介する。なお、実際のデモは撮影などの都合から、砂浜から離陸してプールに向かってそのまま戻る、砂浜から発進してプールへ着陸する、という2パターンが実施された。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら