KDDIは2016年11月21日、都内で無料の会員制プログラム「au STAR」に関する説明会を開催し、新たなポイント交換プログラムとして「ギフトセレクション」を11月29日から提供すると発表した。

 説明会には、KDDI コンシューママーケティング2部 サービス推進G グループリーダーの水野香氏が登壇。「お客様の体験価値を高め、期待を超える感動水準の体験を提供していく。お客様に『まさかここまでしてくれるとは思わなかった』と感じてもらえるような活動に努めている」と方針を語った。

KDDI コンシューママーケティング2部 サービス推進G グループリーダーの水野香氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 無料の会員制プログラム「au STAR」の実績としては、2016年8月29日から登録を受け付け、11月20日時点で登録者が500万人を突破したという。「auショップやコールセンター、Webサイトなどから申し込みをすれば、料金が発生することなく、すぐに参加できる」(水野氏)と説明した。

 au STARでは「パスポート」「ギフト」「ロイヤル」の3種類のプログラムを提供する。「au STARパスポート」はauショップへの来店時間を予約できるサービス。「あらかじめ来店日時を予約してもらうと、待ち時間なくスムーズに応対できる。店舗側でも来店客の属性を事前に把握できるので、提案がしやすくなるという効果があった」(同)という。

 「au STARギフト」は、抽選でグッズをプレゼントするだけでなく、「世界データ定額」の24時間分の利用権を全員に付与する。「毎月更新する音楽や雑誌、動画も無料で楽しめる。また、誰でも割の更新時に3000円分のポイントを付与する」(同)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら