写真●MapFan DBの例
(出所:インクリメントP)
[画像のクリックで拡大表示]

 インクリメントPは2016年11月16日、地理情報システム(GIS)向けの新しい地図データベース「MapFan DB」を同日から提供開始したと発表した。商圏分析/エリアマーケティング、防災/災害対策、行政支援、交通計画など、さまざまなGIS分野で幅広く活用できる。提供料金は要見積もり。

 道路データベースのほか、ETC料金を含む有料道路の料金計算用データ、ゾーン30データ、最高速度データ、一時停止データ、大型車規制考慮ルート検索に必要となる総重量・車高・車幅などの各種大型車関連の規制情報(トンネル・高架下・橋・アンダーパス)を格納したデータベースを用意した。

 毎月更新(年12回リリース)および日本地図の13言語14種類表記に対応する。提供データフォーマットは、一般的なShapefileと、オープンソースの空間データベースPostGISの2種類。また、要望の多かった、地図表示を簡単に設定できる表示設定ファイルを用意した。

製品情報
インクリメントPのWebサイト