レノボ・ジャパンとブイキューブは2016年11月16日、都内で記者会見を開催し、テレビ会議システムとワークスタイル変革分野での協業を発表した(写真1)。

写真1●レノボ・ジャパン代表取締役社長の留目真伸氏(左)とブイキューブ代表取締役社長兼CEOの間下直晃氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 この提携により、ブイキューブはテレビ会議システム「V-CUBE Box」にレノボの小型パソコン「ThinkCentre M700 Tiny」を採用し、2017年1月に販売を開始する。価格は製品構成によって異なり、最小構成で約30万円からと発表した。

ハード込みのパッケージで提供

 ブイキューブからは、代表取締役社長兼CEOの間下直晃氏が登壇。「創業から18年。東証一部に上場しており従業員は540名。アジアを中心に、ビジュアルコミュニケーションを広げていく」と自社の取り組みに言及した(写真2)。

写真2●ブイキューブ 代表取締役社長兼CEOの間下直晃氏
[画像のクリックで拡大表示]

 テレビ会議システムのソフトウエアとしては「V-CUBE One」を紹介。「さまざまなハードウエアで動作し、遠隔地との会議や研修、遠隔営業やフィールドワーク、テレワークにも活用できる」(間下氏)と説明した。

 一方で、パソコンやカメラ、マイクなどハードウエアを含めたパッケージとして「V-CUBE Box」を、2015年末から提供してきたという。「ソフトウエアのシステムは目に見えにくい。それよりも具体的なハードウエアがあったほうが分かりやすい、という顧客も多い」(間下氏)と、その狙いを語った。

 V-CUBE Boxの特徴は、「誰でも2ステップで簡単に接続できる。多地点接続(MCU)のためのシステムは必要なく、ポリコムやシスコなど他社システムにも接続できる。価格は一般的なテレビ会議システムの3分の1からと安価だ」(間下氏)という。

 会見では実際に東京と大阪など複数の拠点をV-CUBE Boxで接続し、カメラの映像やマイクの音声を利用した会議や、PCの画面を共有する様子をデモで示した(写真3、4)。

写真3●V-CUBE Boxによる3拠点間のテレビ会議の様子
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●PCの画面も簡単に共有できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら