工作機械メーカーのヤマザキマザックとシスコシステムズは2016年11月16日、製造業のIoT化推進とクラウドサービスの開発に向けた協業で合意したと発表した。両社は、工場内の設備機器をネットワークに接続するための製品や、ビッグデータ解析や生産性向上のためのクラウドサービスの開発などに取り組む。

 同日開催された発表会で、シスコシステムズの鈴木みゆき代表執行役社長は、「IoTは1社では実現できない。物理的設備やセンサー、ネットワーク、データの集積や分析をするツールなど、ベスト・オブ・ブリードの製品とサービスを持ち寄って初めて、ソリューションが完成する。そのために業種や業界をまたいだエコパートナーが重要になる」と今回の協業の重要性を強調した。

写真●協業を発表するシスコシステムズの鈴木みゆき代表執行役社長(左)、ヤマザキマザックの山崎智久代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 この協業では、両社が共同で開発した製造業向けネットワーク装置「MAZAK SMARTBOX」(以下、SMARTBOX)の機能を強化する。SMARTBOXは、スマートファクトリーを実現するための装置で、製造業向けのオープンな通信規格である「MTConnect」に対応。シスコシステムズの産業用イーサネットスイッチを内蔵し、ネットワーク接続やセキュリティ、コンピューティングなどの機能を提供する。

 SMARTBOXは、2015年11月に両社が共同開発したと発表。ヤマザキマザックの米国と日本の工場に先行導入し、シスコシステムズと検証や機能開発を進めてきた。「共同作業を通して、工場のIoT化を推進するにはSMARTBOXの機能強化とビッグデータ解析やクラウドサービス開発まで協業範囲を広げるべき、という考えで両社が一致した」(ヤマザキマザックの山崎智久代表取締役社長)。

 SMARTBOXには、新機能の「Secure File Transfer」を搭載する。SMARTBOXは、ヤマザキマザックの自社導入時は工場内の設備機器からのデータ取得だけが可能な一方向通信に対応していた。しかし設備機器は、稼働の最適化などを目的にプログラムを入れ替えることがある。そこでSecure File Transferでは、双方向通信を可能にして、設備機器にプログラムを安全に転送できるようにする。

 11月17日からは、ヤマザキマザックが国内でSMARTBOXの販売を開始する。販売価格は、可視化ソフトとのパッケージで税別70万円である。

 ヤマザキマザックは今後、シスコのIoT関連ソリューションや技術の提供を受け、クラウドサービスの開発を進める。「製造ビッグデータを活用して、生産性の向上やダウン時間の極小化を目指したサービスを開発していく」(山崎社長)という。