EMCジャパンは2016年11月16日、米デル・テクノロジーズが10月に開催した「Dell EMC World 2016」で発表したストレージ製品群の新モデルの一部について、国内で発表した。これらの新モデルは、米デル・テクノロジーズのPCサーバー機「PowerEdge」の採用によって製品価格を下げたり、フラッシュドライブの採用によって性能を高めたりしている。

VxRailにPowerEdgeを採用した新モデル(E、V、P、S)を追加
(出所:EMCジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
EMCジャパン システムズエンジニアリング本部 プロダクトソリューション統括部 統括部長 永長純氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ハイパーコンバージドシステムの「Dell EMC VxRail」と「Dell EMC VxRack」、データバックアップ用途のNAS装置「Dell EMC Data Domain」、ハイエンドストレージの「Dell EMC VMAX」、の三つのジャンルそれぞれについて新モデルを投入する。出荷時期は、Data DomainとVMAXが11月16日、VxRailとVxRackは第4四半期。

HCIはPowerEdge採用で低価格化

 VxRailとVxRackはいずれも、仮想サーバーを運用するための基盤サーバーであり、サーバー仮想化ソフトと分散ストレージソフトで構成したハイパーコンバージドシステムである(関連記事:EMCが中小規模のハイパーコンバージド新製品、ハード仕様を指定可能)。サーバー(ノード)の台数を増やすスケールアウトによって、仮想サーバーの収容台数を増やすことができる。VxRailはラックマウント型のアプライアンス機器で、VxRackはラック型のシステム製品である。

 VxRailは今回、PCサーバー機としてPowerEdgeを採用した新モデルを用意した。既存モデル「Gシリーズ」は2Uラックマウント型のきょう体に4ノードを搭載しており、最小構成が4ノードだった。一方、新モデルは最小3ノードから構成できる。これにより、最小構成時の価格(税別、以下同)は25%下がり、3ノード時に500万円で買えるようになった。

 VxRailの新モデルは、価格を抑えたエントリー製品の「Eシリーズ」、VDI(デスクトップ仮想化)やGPUアプリケーションに向いた「Vシリーズ」、CPU性能を高めた「Pシリーズ」、ストレージ容量を高めた「Sシリーズ」の4種類で構成する。いずれもPCサーバーとしてPowerEdgeを使う。

 VxRackも今回、PCサーバーとしてPowerEdgeを組み合わせられるようにした。VxRack System 1000にPowerEdgeを採用した場合、これまでと同じ価格で、ストレージ容量が2.5倍、CPU性能が40%高くなったという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら