写真や動画素材の取引サービスを運営するピクスタは2016年11月11日、新たに音声素材の販売を始める方針を明らかにした。同日付で、音声素材販売を手掛けるベンチャー企業、クレオフーガに出資。同社が販売する5万点の音声素材を、2017年内にもピクスタのサイトで販売する。ピクスタは動画制作に必要な写真や動画、映像、イラストなどを販売しており、今回の協業で動画制作に必要な素材を一通り提供できる体制を築く。

クレオフーガが運営する「オーディオストック」
(出所:クレオフーガ)
[画像のクリックで拡大表示]

 クレオフーガの発行済株式の12.7%を、同日付けで取得した。取得金額は非公表。

 クレオフーガは2007年の設立。BGMや効果音などの音声素材を取り扱うマーケットプレイスの「オーディオストック」を運営しており、映像制作会社やゲーム会社、テレビ局などに販売している。

 ピクスタは既に映像などの動画素材を100万点規模で販売しており、利用者からは音声素材も取り扱ってほしいとの要望が寄せられていたという。協業により、まずクレオフーガの音声素材の販売を目指す。将来的には、ピクスタの会員が音声素材を作成、登録して販売できるようにすることも視野に入れる。