KDDIは2016年11月7日、2016年冬モデルの新製品を発表し、都内で報道関係者向けに新製品を公開した。

 新たに発表したのはスマートフォン2機種とタブレット1機種など。2016年10月18日に冬モデルとして発表した「isai Beat LGV34」「Xperia XZ SOV34」に続く、第2弾の新製品になる(関連記事:KDDIが秋冬モデル「isai Beat」と「Xperia XZ」発表、追って第2弾も)。

IGZO採用で省電力の「AQUOS U SHV37」

 シャープ製の「AQUOS U SHV37」は、AQUOS Uシリーズの後継モデル。IGZO液晶を搭載し、長時間の電池持ちを実現した。2016年11月下旬に発売する(写真1、2)。

写真1●AQUOS U SHV37
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●AQUOS U SHV37(背面)
[画像のクリックで拡大表示]

 省電力機能として「長エネスイッチ」を搭載。一部の機能を制限することでバッテリー駆動を延長できる。

 人工知能(AI)機能「エモパー」を強化し、複数のトピックを掛け合わせて会話できるようになった。スケジュールに入っている予定に関連したテレビ番組や、アラームの設定を提案する機能も備える。着信時や充電開始時などにイルミネーションを点灯する「ヒカリエモーション」も搭載する。

 IPX5/8の防水、IP6Xの防塵に対応。画面に水滴が付いた状態や濡れた手でも使えるようテストしており、お風呂でも快適に使えるスマホと位置付ける。

 スペックは、画面が約5.0インチでHD解像度のIGZO液晶、メモリーは2GB、ストレージは16GB。最大256GBのmicroSDXCカードに対応する。リアカメラは約1310万画素、フロントカメラは約500万画素。バッテリー容量は2700mAh、外形寸法は約71×143×8.3mm、重量は約137g。

 本体カラーは4色を展開、前面と背面で色を変えたツートンカラーを新たに採用した。搭載OSはAndroid 6.0で、Android 7.0へのアップデートも予定している(写真3)。

写真3●AQUOS U SHV37のカラーバリエーション
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら