NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2016年11月7日、産業機械のセンサーデータなどIoT(インターネット・オブ・シングズ)データを収集・活用するシステム「IoT Platform Factoryパッケージ」の新たなラインアップの提供を開始した。米ゼネラル・エレクトリック(GE)のIoT関連アプリケーションを組み合わせたパッケージを追加した。

IoTデータを活用するために必要なソフトウエアやIT基盤などをワンストップで提供する
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 IoT Platform Factoryパッケージは、IoTデータを活用するために必要なソフトウエアやIT基盤など一式をパッケージ化したシステム製品。具体的には、産業機器やセンサー類に接続するデバイス、プライベートクラウド、ネットワーク、IoTデータを収集分析するアプリケーションなどから成る。

 組み合わせるアプリケーションの種類に応じて、従来3種類のプランがあった。今回新たに、2種類のアプリケーションを追加して、合計で5種類のプランに拡充した。追加したのはGEのデータ収集アプリケーション「GE Historian」を組み合わせた「GE Historianプラン」と、GEのデータ分析アプリケーション「GE CSense」を組み合わせた「GE CSenseプラン」である。

組み合わせるIoTデータ活用アプリケーションの種類に応じて5種類のプランを用意する
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 GE Historianは産業機器やセンサー類から取得したデータを、NTTコムのクラウド基盤「Enterprise Cloud」上に収集するためのデータベースソフトである。様々な通信プロトコルに対応し、一定周期もしくはあるイベントをきっかけにして、産業機器やセンサー類が出力するデータを長期間かつ大量に収集できるという。

 一方のGE CSenseは産業機器やセンサー類から取得したデータを分析して、生産工程の隠れた課題を発見するソフト。GE Historianなどの各種データベースやCSV(カンマ区切り形式)データなどを読み込んで分析し、産業機器の予防保全や製品の品質向上に役立つ知見を得られるという。

 提供中の既存プランは次の三つ。「Basicプラン」はユーザーがアプリケーションを持ち込んで組み合わせたプランで、「Joy Watcherプラン」はジェイティ エンジニアリングの監視ソフトを組み合わせたプラン。「Vijeo Citectプラン」は仏シュナイダーエレクトリックの監視ソフトを組み合わせたプランである。