富士通は2016年10月26日、マレーシアの首都クアラルンプールで「富士通アジアカンファレンス2016クアラルンプール」を開催した。今年のカンファレンスのテーマは「Human Centric Innovation-Driving Digital Transformation」。来場者はマレーシアの政府関係者や地元・日系企業の事業担当者など200人超で、マレーシアにおけるICTの現状や展望、富士通の取り組みなどに関する講演に熱心に耳を傾けていた。

 最初にスピーチに立った富士通の広瀬敏男執行役員Asiaリージョン長は、「アジアにおける富士通のアプローチ」と題し、カンファレンステーマの趣旨や富士通の取り組みについて話した。その中で、シンガポールでの道路交通マネジメントやベトナムでのIoT(インターネット・オブ・シングズ))やクラウド技術を活用したスマート農業のパイロット事業、中国におけるスマート・ファクトリー・プロジェクトといった導入実績を紹介。「皆様のデジタル革新のお手伝いをしていきたい」と述べた。

 続いて富士通マレーシアのフィリップ・ソー・カントリーCEO(最高経営責任者)が、マレーシアにおける富士通の19年の歩みについて講演。自然保護や災害対策から、医療、交通、物流、農業、教育に至るあらゆる分野で貢献してきたことを強調した。

行政の効率化と生産性向上に向けデジタル化

 ゲスト講演では、マレーシア政府を代表して、マレーシア行政近代化管理計画院ICT部副部門長のスハジマ・ザザリ(Suhazimah Dzazali)氏が登壇し、行政の効率化と生産性向上に向けたデジタル化の取り組みと課題について話した。

 マレーシアでは、ネットの使い方が徐々に成熟してきている。ザザリ氏によると、これまで政府のWebサイトを閲覧する利用者は、単純に関連情報を得ることを目的としていた。ただこれからは、利用者同士の対話、さらには国民が行政に参加する機会を創出することを目的とした使い方を推進するフェーズに入っていくという。そのために必要なものとして同氏は、省庁の垣根を越えた動きや、関係各所の協力、信頼性の高いITインフラなどを挙げた。

 もう一つのゲスト講演では米フロスト&サリバンAPAC ICTプラクティスのアンドリュー・ミルロイ(Andrew Milroy)氏が、2017年のマレーシアにおけるICTの展望というテーマで講演した。この中で同氏は、これからの方向性を五つ列挙した。具体的には、(1)デジタル化によって既存の産業構造が破壊される「デジタルディスラプション」がマレーシアでさらに進行する、(2)クラウドコンピューティングの導入がこれまで以上に進む、(3)IoTによってあらゆるものがネットワークに接続される、(4)全ての企業がビッグデータを活用するようになる、(5)IoTによって新たなセキュリティ脅威が生まれる、というものだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら