NTTデータは2016年11月3日、米デルのITサービス部門の買収を2017年3月までに完了すると発表した。3日発表時点で、株式取得と事業譲渡が98%以上完了しているという。買収額は、合計で約30億3900万米ドル(1ドル103円換算で約3130億円)。

NTTデータ発表のWebサイト
(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 買収するITサービス部門の売上高は2016年1月期で28億1800万米ドル(1ドル103円換算で約2902億円)、営業利益は1億1600万米ドル((1ドル103円換算で約119億円)。従業員は2万8000人だ。買収完了後、NTTデータの連結全体の従業員は10万人を超える。

 NTTデータは2020年をめどに海外売上高比率50%、連結売上高2兆円を目指している。達成すれば、海外事業だけで1兆円を超える。2016年3月期の連結売上高は1兆6148億円だった。デルのITサービス部門の買収が完了すれば、売上高は1兆9000億円超になるとみられる。

 NTTデータは買収完了後の見通しを含めて「現在精査中」としている。同社は2017年3月期〜2019年3月期の次期中期経営計画を発表しておらず、2016年11月4日に開かれる4〜9月期の連結決算発表会で、明らかにするとみられる。

日経 xTECH SPECIAL

経営

クラウド

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る