ドン・キホーテは2016年11月1日、同社プライベートブランド「情熱価格」の新製品として、着脱式キーボードを備えたWindowsタブレット「ジブン専用PC&タブレット」を全国のドン・キホーテ店舗(一部を除く)で11月11日に発売すると発表した。販売価格は1万9800円(税別)。

ジブン専用PC&タブレットの外観
(出所:ドン・キホーテ)
[画像のクリックで拡大表示]

 10.1型WXGA(1280×800ドット)IPS液晶とインテル「Cherry Trail」クアッドコアプロセッサーを採用したタブレット端末で、2Gバイトのメインメモリーと32GバイトのeMMCを搭載。インタフェースはmicroUSB 2.0とmicroHDMI、microSDスロットを各1個、キーボード側にUSB 2.0を2個備える。無線機能はIEEE802.11b/g/nとBluetooth 4.0。

キーボード(右)を取り外せば、Windowsタブレット(左)として使える
(出所:ドン・キホーテ)
[画像のクリックで拡大表示]

 OSはWindows 10 HOME(64bit版)で、Microsoft Office Mobileがプリインストールされている。バッテリー駆動時間は約6.1時間。本体寸法は幅259.5×奥行き179.3×高さ19.52mm、重さは約580g(タブレット本体)、約600g(キーボード)。

 情熱価格は、同社が2009年10月から展開する、低価格に特化したプライベートブランド。これまでもタブレット端末「カンタンPad」「カンタンPad2」、搭載機能を最小限に限定したパソコン「ワリキリPC」などを販売している。

ドン・キホーテのWebサイト