NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は2016年11月1日、個人向けタブレットの2016年秋冬モデルを発表した。エントリークラスの「LAVIE Tab E」シリーズから7型HD(1280×720ドット)液晶搭載の「TE507/FAW」と、ミドルレンジクラス「LAVIE Tab S」シリーズから8型WUXGA(1920×1200ドット)液晶搭載の「TS508/FAM」の2機種。

 両機種ともNECの独自アプリ「インフォボード for Android」を搭載し、ホーム画面にニュースや天気予報などを表示できる。付属スタンドを利用すれば、リビングのソファーテーブルやサイドテーブルに立てて、テーブルトップ情報端末として活用できる。プラットフォームはAndroid 6.0。

 TE507/FAWは、片手でも持ちやすいコンパクトボディーを採用し、クアッドコアのQualcomm APQ8016プロセッサーを搭載。サラウンドオーディオ「Dolby Atomos」に対応する。バッテリー容量は3500mAhで、約10時間の駆動が可能。本体寸法は幅97.7×奥行き188×厚さ8.9mm、重さは約255g。NECダイレクト価格(税別)は1万9800円。販売開始は11月4日。

TE507/FAWの外観
出所:NECパーソナルコンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]

 TS508/FAMは、防塵IP5X・防水IPX2レベルに対応し、オクタコアのQualcomm APQ8053プロセッサーを搭載する。Dolby Atomos対応。バッテリー容量は4250mAhで、約8時間の駆動が可能。本体寸法は幅123.5×奥行き209.5×厚さ8.6mm、重さは約321g。NECダイレクト価格(税別)は2万8800円。販売開始は2017年1月。

TS508/FAMの外観
出所:NECパーソナルコンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]

NECPCのWebサイト