富士通は2016年10月21日、ベトナムのハノイで「富士通アジアカンファレンス2016ハノイ」を開催した。アジア地域で順次展開しているカンファレンスの第4回で、「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」という統一テーマに基づいて講演。200人に上る来場客が耳を傾けた。

 オープニングは富士通の広瀬敏男執行役員Asiaリージョン長が登壇し、富士通のアジアにおける取り組みを紹介した。ICTの技術力とこれまでのノウハウを生かして社会課題や企業が抱える課題の解決に取り組むことで、顧客が望む社会づくりに貢献すると話した。

富士通の広瀬敏男執行役員Asiaリージョン長
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて壇上に立ったのは、富士通ベトナムの工藤成社長。ベトナムにおける取り組みとして、国際協力機構(JICA)が主導するスマートフォンで河川の水位を監視する「河川監視実証実験」への参加や、ベトナムの通信会社FPTとのスマート農業における協業を紹介した。工藤氏は「富士通の経験や技術力で、ベトナムの社会発展に貢献したい」と話した。

富士通ベトナムの工藤成社長
[画像のクリックで拡大表示]

「経済発展のために日本企業との協力は不可欠」

 ゲストで登壇した、ベトナム情報通信省のダオ・ディン・カーIT部部長は、ベトナムのICT政策について講演した。カー氏によるとベトナムは現在、モバイルアプリケーションにおいてハイレベルな技術力を保持していると評価されているという。

ベトナム情報通信省のダオ・ディン・カーIT部部長
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにソフトウエア開発のアウトソーシング先として最も活発な20カ国のうちの1国にもなっていると紹介。ICTが雇用を生み出していることもあり、カー氏は「ICTはベトナムの経済発展や国の競争力強化を促すものであり、持続的発展には必須」との見解を示した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら