米Western Digital社(WD)は2016年10月27日(現地時間)、Mac向けストレージブランド「G-Technology」から、USB Type-C対応の外付型SSD「G-DRIVE Slim SSD USB-C」を発表した。Macにプラグアンドプレイで使用できる。

G-DRIVE Slim SSD USB-C
(出所:米Western Digital社(WD))
[画像のクリックで拡大表示]

 SSD採用により最大540MB/秒の高速データ転送が可能。インタフェースはUSB 3.1 Gen2を採用。USB Type-C - Type-CケーブルとUSB Type-C - Type-Aケーブルを同こんし、Thunderbolt 3やUSB-C、USB3.0のポートを持つ幅広いPCで利用できる。バスパワー電源で動作する。

 本体カラーはスペースグレイとシルバーの2種類(スペースグレイはApple Store限定色)。本体寸法は高さ10×幅82×奥行き129mm、重さは約127g。米国での予想実勢価格は、容量1TBが379.95米ドル、500GBモデルは229.95米ドル。国内での販売価格は未定。

 同時に、外付型HDD「G-DRIVE mobile USB-C」の新色ローズゴールドを発表した。容量1TB、毎分7200回転のドライブを搭載し、データ転送速度は最大136MB/秒。Apple Store限定色で、米国での予想実勢価格は119.95米ドル。

G-DRIVE mobile USB-C
(出所:米Western Digital社(WD))
[画像のクリックで拡大表示]

「G-DRIVE Slim SSD USB-C」の製品情報
「G-DRIVE mobile USB-C」の製品情報
「G-Technology」のWebサイト