インフォテリアは2016年10月27日、IoT(Internet of Things)向けのソフトウエア市場に参入すると発表した。第一弾製品としてIoT向けのアプリ開発ツール「Platio」を2017年1月下旬から提供する。

 「様々なIoT向けのソフトウエア基盤製品が市場に出ているが、当社はまず機器と人をつなぐ部分にフォーカスしたソフトウエアを提供していく」とインフォテリアの平野洋一郎CEO(最高経営責任者)は説明(写真1)。平野CEOは、「創業時からこだわってきたノンプログラミングで、IoTを実現できるようにしたい」と強調した。

写真1●インフォテリアの平野洋一郎CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 PlatioはセンサーなどのIoT機器からデータを収集するためのモバイル向けアプリケーションを開発するためのツールだ。クラウドサービスとして提供する。レコードの管理、編集、作成といったアプリケーションを開発するための部品を用意。これらをドラッグ・アンド・ドロップなどの操作で組み合わせて、データを収集するためのモバイルアプリを開発する。

 Platioで開発したアプリケーションは、基本的にBLE(Bluetooth Low Energy)で通信可能な機器と接続できる。「Platio側に機器ごとに決めている通信仕様(GATT)を組み込んでいるので、アプリケーションの利用者は接続設定をせずに機器からデータを収集できるようになる」(ネットサービス事業本部の松村宗和マーケティング部長)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら