写真●ホームシアタープロジェクター「EH-LS10500」
(出所:セイコーエプソン)
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーエプソンは2016年10月26日、レーザー光源と反射型液晶パネルを採用し、4K・HDRに対応したホームシアタープロジェクター「EH-LS10500」を12月に発売すると発表した。価格はオープン、予想実勢価格は80万円前後。

 反射型液晶パネル「3LCD Reflective Panel」を採用し、解像度はフルHD(1920×1080ドット)×3枚。4K相当の解像度を可能にした独自の4Kエンハンスメントテクノロジーを搭載し、1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、縦横の解像度を実質2倍にした。2.1倍ズームレンズと上下90%・左右40%の光学レンズシフトにより設置性を高めた。フォーカス・ズーム・レンズシフトで調整したレンズ位置は10個まで登録可能。

 光源にはレーザーダイオードを採用。光の出力制御が自由にできるため、映像の入力信号に合わせて遅延のないリアルタイム調光が可能で、光源オフによる全黒(0ルーメン)も表現できる。DCI・Adobe RGBをフルカバーする広色域に対応した。明るさは1500ルーメン。ダイナミックコントラスト比は無限。投映サイズは30~300型。

 また、HDR(ハイダイナミックレンジ)規格に対応。従来規格では表現できなかった明るさのピークから暗部への階調表現が可能になり、白とびや黒つぶれのない映像再生が可能。コンテンツに合わせてHDRのモードを選択できる。

 このほかにも、画像の解像感をアップさせる「超解像」や、映像の明暗を強調して質感や素材感を整える「ディテール強調」、前後のコマから中間のコマを自動生成して補間する「フレーム補間」、3D映像を明るく投写できる「Bright 3D Drive」などの画像処理機能を搭載した。視聴環境や映像に合わせて8種類のカラーモードを選択できる。

 接続端子は3RCA(コンポーネント)が1系統、アナログRGBが1系統、HDMIが2系統、1RCA(コンポジット)が1系統。騒音レベル19dBの静音設計。本体寸法は幅550×奥行き553×高さ225mm、重さは約18.0kg。

製品情報
セイコーエプソンのWebサイト