富士通エフ・アイ・ピーは2016年10月26日、自治体向けにSaaS型アプリケーションを開発・運用したい事業者に向けた、IaaS基盤サービス「LGWAN-ASP基盤サービス」を発表した。自治体ネットワーク上でSaaSを営むために必要なセキュリティ要件や手続き、機能などを一通り提供する。2016年11月1日から販売および提供を開始する。価格は個別見積もり。

LGWAN-ASP基盤サービスの概要
(出所:富士通エフ・アイ・ピー)
[画像のクリックで拡大表示]
LGWAN-ASP基盤サービスで提供するITリソース
(出所:富士通エフ・アイ・ピー)
[画像のクリックで拡大表示]

 自治体ネットワークのLGWANの上でアプリケーションを提供するために必要な機能群を提供する、仮想サーバー基盤である。この基盤の上に自社アプリケーションを乗せることによって、LGWANの要件を満たした構成設計をしたり、LGWANに申請したりといった負担を軽減できる。これまで個別に対応してきたLGWAN上でのアプリケーション構築の知見をメニュー化した。

 背景には、セキュリティ要件から、自治体においてLGWANとインターネットの分離が始まったという状況がある。メールやWebアクセスなどの一部の使い方を除いて、業務アプリケーションは従来のインターネットに代わってLGWAN上で利用できるようになることへの期待が高まっているという。

 しかし、LGWAN上でアプリケーションサービスを提供するためには、LGWANに接続したり、セキュリティ要件を満たした専用のサービス環境を構築したりする必要があり、困難だったという。こうした中、簡単にLGWAN上でアプリケーションサービスを提供できるようにするIaaS基盤を企画した。