富士通は2016年10月25日、汐留本社で開催した新製品発表会で、法人向けスマートフォンの新製品「ARROWS M357」を発表した(関連記事:富士通の冬春スマホは堅牢性やオーディオを強化、振り込め詐欺対策も)。

 Android 6.0搭載のSIMロックフリースマートフォンで、希望小売価格は4万9800円(税別)。12月上旬に発売する。

国内一貫体制で提供、2年間の長期販売も

 法人向け携帯電話市場について、富士通コネクテッドテクノロジーズ 執行役員の林田健氏は、2020年度までスマートフォンの比率が増加していくMM総研の予測を引き合いに、「法人スマートフォンは今後も伸びると読んでいる」との見方を示した(写真1)。

写真1●法人スマホの伸びを予測
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年12月に発売した前モデル「ARROWS M305/KA4」の採用実績について、最も多いのは「内線のVoIP利用」で、利用率は4割を超えているという。他にも業務システム連携、電子カルテ、位置情報システム、特定業務といった領域での採用を挙げた(写真2)。

写真2●前モデルの採用実績
[画像のクリックで拡大表示]

 これら富士通の法人スマホを採用したユーザーの声としては、「安心感、長期供給、カスタマイズ、ソリューション連携」の評価が高かったという。「いずれもコンシューマー向けのスマホでは対応しにくい点。今後も法人ユーザーの細かな要望に対応する」(林田氏)との方針を示した。

 ARROWS M357の特徴として林田氏は、最初に川崎工場での開発拠点や兵庫県加東市の富士通周辺機の工場による国内一貫体制を挙げた。「開発や生産、保守サポートまで国内で対応する。長期供給として、販売期間は2年間。専門の技術者がAndroidやソフトウエアの使用方法について、お客様の業務上の問題解決を支援する」(林田氏)とした(写真3)。

写真3●国内一貫体制で販売期間は2年間と長い
[画像のクリックで拡大表示]

 要望対応としては、「ホーム画面のカスタマイズやアプリ追加の抑止、さまざまな機能設定などが可能。それらを設定済みの状態で納入するので、導入の手間を省ける」(林田氏)とメリットを挙げた(写真4)。

写真4●画面カスタマイズや機能抑止などのカスタムメイドに対応
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら