富士通は2016年10月18日、個人向けパソコン「FMV」の新製品を同日から順次発売すると発表した。27型液晶一体型モデルなどデスクトップ「ESPRIMO FH」シリーズ2機種、および新色を追加した15.6型ノート「LIFEBOOK AH」シリーズ3機種の計2シリーズ5機種で、いずれも価格はオープン。

「FH90/A3」の外観
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ESPRIMO FH90/A3」は、27型液晶とCore i7-6700HQプロセッサーを搭載したエンターテインメント向け液晶一体型モデル。パイオニアと共同開発した2.1chスピーカーや、低ノイズ・低ひずみの高性能ヘッドホンアンプを備えた。また、3波対応テレビチューナーやダブル録画、SeeQVault対応など、テレビ機能も充実した。予想実勢価格は23万円強。11月17日発売。「ESPRIMO FH52/A3」は、23型液晶とCeleron G3900Tプロセッサーを搭載した液晶一体型ベーシックモデル。また、最新規格のUSB3.1(Gen1) Type-Cポートを1個備えた。同16万円強。10月20日発売。

 「LIFEBOOK AH53/A3」は、15.6型フルHD(1920×1080ドット)液晶と第6世代Core i7-6700HQプロセッサーを搭載したプレミアムノート。ハイレゾ再生が可能なオンキヨー製スピーカーを採用した。同20万円強。11月20日発売。「LIFEBOOK AH45/A3」は、15.6型フルHD液晶とCore i7-6700HQプロセッサーを搭載したベーシックノート。同16万円前後。11月10日発売。「LIFEBOOK AH42/A3」は、15.6型フルHD液晶とCore i3-6100Uプロセッサーを搭載したベーシックノート。新色に「シャンパンゴールド」を追加した。同14万円前後。10月20日発売。

 OSはWindows 10 Home。写真の管理・補正・編集やデジタルアートの作成が可能なデジタルフォト編集ソフト「Corel PaintShop Pro X8 for FUJITSU」と、直感的な操作でBGMや文字を入れてオリジナル作品を作れる動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 14 for FUJITSU」を搭載した。スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真や動画の編集を行いたいというユーザーニーズに対応した。

 このほかにも、同社ショッピングサイト「WEB MART」から、ユーザーの用途に合わせてメモリーやHDDなどを選択できるカスタムメイドモデルを同日受注開始した。OSはWindows 10 Home(ESPRIMO WD2/A3とLIFEBOOK WA3/A3はPro選択可)。全カスタムモデルでOffice互換ソフト「KINGSOFT Office 2016 Standard(フォント同梱版)」を選択できる。

 ラインアップは、液晶分離型デスクトップ「ESPRIMO DH」シリーズから「WD2/A3」(直販価格8万8560円から、出荷10月28日)と「WD1/A3」(同7万7760円から、11月24日)。液晶一体型デスクトップ「ESPRIMO FH」シリーズから「WF2/A3」(同19万3104円から、11月17日)と「WF1/A3」(同15万7464円から、10月22日)。15.6型スタンダードノート「LIFEBOOK AH」シリーズから「WA3/A3」(同20万4984円から、11月10日)、「WA2/A3」および「WA1/A3」(同9万9792円から、11月10日)。