不動産仲介などの三井不動産リアルティは2016年10月18日、駐車場の仲介サービス「toppi!(トッピ!)」を11月1日に提供開始すると発表した。個人住宅や店舗などの駐車場が空いている時間に、利用者が一時的に借りられるサービスだ。駐車場の予約や決済などのシステムは、IoT(インターネット・オブ・シングズ)事業を手掛けるエスキュービズムが構築。三井不動産リアルティはtoppi!の提供開始から1年間で10万人の利用者獲得を目指す。

 「シェアリングエコノミーのビジネスに舵を切る」。報道関係者向けに開かれた説明会で、三井不動産リアルティの片岡純市 常務執行役員 リパーク事業本部長はこう話した。

写真●三井不動産リアルティの吉田儒央リパーク事業本部事業推進部長(1番右)、片岡純市 常務執行役員 リパーク事業本部長(右から2番目)、エスキュービズムの薮崎敬祐代表取締役社長(右から3番目)
[画像のクリックで拡大表示]

 シェアリングエコノミーとは、空いた施設などを個人や企業の間で貸し借りするタイプのサービスを指す。同社はこれまで、車を対象としたシェアリングエコノミーのサービス「careco」に注力してきた。「カーシェアリング事業は約4万人の利用者を獲得できている」(片岡常務執行役員)。toppi!の提供で、駐車場向けの市場にも参入する。

 toppi!の利用者と駐車場を貸し出すオーナーは、無料で会員登録できる。月額の登録料などは発生しない。利用者は、スマートフォンなどのWebブラウザを使って、toppi! に登録されている駐車場の空き状況を確認。駐車したい時間帯を予約できる。利用料はあらかじめ登録しておいたクレジットカードで支払う。駐車場の利用時に現金などを用意する必要はない。

 駐車場の利用料については「立地や時間帯など、マーケットの変化に応じて設定していきたい」(三井不動産リアルティの吉田儒央リパーク事業本部事業推進部長)として具体的な金額を明かさなかった。駐車場のオーナーには、利用者が支払った利用料の6~7割程度が支払われ、残りの3割がtoppi!のサービス運営側の収益となる。

 toppi!のサービス開始当初は、利用者は駐車場を1日単位で借りられる。「いずれは1時間単位などで借りられるように、サービスを強化したい」。エスキュービズムの薮崎敬祐代表取締役社長はこう話す。画像認識技術を搭載したカメラなどを、駐車場に設置して、時間単位での入出庫や決済の管理機能を整備する考えだ。