2016年10月19日から10月21日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO 2016」で、人工知能(AI)やディープラーニング、FinTechをテーマとしたプレゼンテーションイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」が開かれた。これは、「新たな発想と行動力で社会にイノベーションをもたらす人々が全国から集い、自身の言葉で語る」とするプレゼンテーションイベントだ。

 今回はABEJA代表取締役社長CEO(最高経営責任者)の岡田陽介氏が「第四次産業革命をリードするIoT、ビッグデータ、人工知能の可能性」と題する基調講演を実施。続いて、ヒューマンファースト代表取締役の山本陽亮氏、HEROZ取締役の浅原大輔氏、ココペリインキュベート代表取締役の近藤繁氏、MoneySmart代表取締役UI/UXデザイナーの大宮聡之氏が登場し、各自10分間の制限時間でプレゼンテーションを行った。

会場がほぼ満席になるほどの来場者。AIやFinTechへの関心の高さが分かる
(撮影=下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

AIを劇的に進化させた「深層畳み込みニューラルネットワーク」

 基調講演で登壇した岡田氏は、まず、「IoT、ビッグデータ、人工知能といった新たなデジタル技術があるが、これらをビジネス化することで初めて社会的なイノベーションが起こる」と強調。続けて「イノベーションとはすなわち『第四次産業革命』だ。第三次産業革命はコンピュータとインターネットによってもたらされ、それらは今や経済を支えるインフラになった。今、まさにIoT、ビッグデータ、人工知能がインフラになり大きな社会的イノベーションが起こりつつある」と語った。

ABEJA代表取締役社長CEOの岡田陽介氏

 それでは、IoTとビッグデータ、そして人工知能は今後、どのように絡み合いインフラへと発展していくのか。IoTで膨大な数のデバイスがインターネットにつながるようになると、それらがクラウド上に集められてビッグデータが生まれる。岡田氏は「2013年現在で『約4.4ゼタバイト』がクラウド上に存在するとされている。これが2020年には10倍になるという。そのビッグデータをどう解析すればよいのか、その課題を解決するのがAIだ」と述べた。

 岡田氏は、AIの技術のカテゴリーとして、「機械学習の中にディープラーニングが含まれる」と説明。その上で一般的な機械学習がパターンマッチングであるのに対し、ディープラーニングはニューラルネットワークをベースとしていることを説明した。続けて、AIによる画像認識を例に挙げ「パターンマッチングでは、画像を識別させるための特徴量を人間がAIに覚え込ませるが、ディープラーニングでは数百万、数千万回と画像データの解析を繰り返すことで、AIが画像ごとの特徴量を自ら学習するようになる」と解説した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら