NTTアイティは、東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催している「ITpro EXPO 2016」で、リモートアクセスツール「magicConnect」などを展示している。

ITpro EXPO 2016の、NTTアイティの展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

 magicConnectは、外出先から社内にあるパソコンにリモートアクセスするためのツール。リモートアクセス元の端末はパソコン以外に、iOSやAndroid搭載のスマートフォン、タブレット端末にも対応している。iOS/Android端末からのリモートアクセス時は、画面上に「仮想マウス」を表示し、スマホやタブレットのタップ操作でもWindows用マウスの右クリックと同じ操作が可能になる。

ID/パスワード認証(奥の画面)と、USB端子に挿すドングル(手前)を併用する多要素認証に対応している
[画像のクリックで拡大表示]

 複数の認証方式を組み合わせてセキュリティレベルを引き上げる多要素認証に対応する。ID/パスワードによる認証に、パソコンからのアクセス時はUSB端子に挿すドングル、iOS/Android端末からのアクセス時は端末の個体情報を組み合わせて認証することが可能だ。また、リモートアクセス時は印刷やファイル転送を禁止するなど、リモートアクセス機能を悪用した情報漏洩を防ぐ設定もできる。

 料金は初期費用と年間使用料の組み合わせとなっており、初期費用は1アカウントあたり5000円(税別)から、年間使用料は1万2000円(税別)から。