2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2016」でNECネッツエスアイは、Azureを使ったIoT(インターネット・オブ・シングズ)システムの実演を実施している。

NECネッツエスアイがIoT実演ライブを実施しているブース
[画像のクリックで拡大表示]

 「照度センサー」と「温湿度センサー」から無線通信でデータをゲートウエイに収集する。さらにゲートウエイからAzure上にデータを転送して、温度や湿度をWebブラウザー上にリアルタイムに表示する。センサーからゲートウエイへのデータ通信には、省電力な無線規格の「EnOcean」を使う。あらかじめゲートウエイには、無線通信のためのUSBドングルを接続しておく。

NECネッツエスアイのパートナー企業のデイバス展示コーナー
[画像のクリックで拡大表示]

 実演は説明しながらAzureやゲートウエイの設定をして約15分。IoTを手軽に初められるとアピールする。ブースではNECネッツエスアイのパートナー企業が製造する各種センサーなどのデバイスも展示している。