2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2016」でカスペルスキーは、企業のセキュリティ対策を評価する「セキュリティ診断」を実施している。

セキュリティ診断を実施しているカスペルスキーのブース
[画像のクリックで拡大表示]

 25問の質問で、バックアップや暗号化などの「端末対策」、アプリのバージョン管理などの「脆弱性対策」といった項目ごとに5段階で評価し、点数を付ける。

 セキュリティ診断を実施する同社のブースでは、システム管理者用の脆弱性診断ソフト「Kaspersky Systems Management」なども展示している。Systems Managementは従業員が使うPCにインストールされたアプリケーション情報を収集し、カスペルスキーが持つ脆弱性情報と照らし合わせて脆弱性の有無を診断できる。脆弱性があれば、修正パッチを自動で作成し、PCに適用できる。Systems Managementの価格は、管理するPCが10~14台の場合で1年間1万2470円(税別)から。